2016年12月16日金曜日

洗面所収納

こんにちは。整理収納アドバイザーふじなごです。

アシスタントとして色々なお客さま宅へお伺いしたり、自宅セミナーでお会いした方のお話を聞いて思うこと。
ウチの水回りってすごい狭いんだ!ということ。
ウチは築40年超えのマンション。
洗濯機も二層式の時代。
規格が古いんです。
キッチンも洗面所もウチほど狭いお宅を見たことがありません。

そんななか参加した加藤ちえさんの自宅セミナー
ちえさんのお宅は15坪3LDK3階建て。いわゆる狭小住宅です。
パン教室もされていてオーブンや調理器具などもたくさんお持ちです。
なのに、広く感じる。とても快適そう。
ちえさんのお宅にお邪魔しているとアイデアが湧いてくるのが不思議。。。

さて、ウチの狭い洗面所問題。
毎日使うスキンケアグッズを洗面所のシンク上に置いていましたが、ゴチャゴチャした見え方がストレスでした。
奥行きがあまりない棚を置き、スキンケアグッズは洗面所のシンク上から棚に移動することにしました。
後ろを向いたらケースを引き出さなくても、棚に手を突っ込んで取ることができます。
場所替えを渋っていた主人からも「使いやすい」とOKいただきました。
シンク上も少しスッキリしました。

棚2段目はお風呂の際の脱衣用にスペースを空けました。
棚の前は人が1人立てるほどのスペースです。


2016年11月9日水曜日

買うときは捨てるときを意識

こんにちは。整理収納アドバイザーふじなごです。

日当たりがいいので、ベランダ菜園を始めた2年前。
張り切って培養土、プランターやツルを支える支柱を買い込みました。
収穫があればモトとれるし!と買い揃えましたが、マイブームはその年で終わり。
あれから、だいたいは処分したのですが未だに残っていた支柱。
調べてみると、粗大ごみになるらしいのです。


こんなに細いのに粗大ごみ…。
500円くらいで買って、捨てるのにも500円。
買う前に処分方法まで考えていたら、きっと買わずに代用品を探したと思います。

今でこそ整理収納アドバイザーになりましたが、以前はルールなしに買い物をしていました。
粗大ごみ代は、勉強代と思うことにします。


2016年11月5日土曜日

長い間手放せなかったもの、手放しました。

整理収納アドバイザーふじなごです。

どうしても手放せないモノ、ありませんか?

一人暮らしの時から使っている一人がけのソファー。
座り心地がよく、味のあるデザインが気に入っているのですが
引っ越し以来置き場所に困り、部屋の隅に置いていました。


ねこが爪とぎをしてもうボロボロです。


使わないけど捨てるのはかわいそう。。。
10年以上、一緒に暮らしたソファーなだけに捨てることはどうしてもできません。
ここ数ヶ月、次の持ち主さんを探し、やっとジモティーで見つけることができました。

ジモティーとは、地元での不用品の譲り合いのための掲示板。
次の持ち主さんはシェアハウスの住人さんでした。
きっといろんな人が座ってくれて、ソファーも楽しい生活だろうなと嬉しくなります。

大事にしていたモノが、自分の手を離れても、幸せでいてくれる。
こう思えたことで、手放すことができました。

2016年11月3日木曜日

わが家のキッチン家電収納

整理収納アドバイザーふじなごです。

先日、キッチンのワゴンが壊れ、乗せていたキッチン家電が全部床に落ちました。
少し前に買ったばかりの無印のトースターは取っ手が壊れてしまいました。
試してみたら正常に動きます。取っ手だけ悲しい状態。。。


いい機会なのでキッチンの収納を見直すことにしました。

これまで当たり前のように、出しっぱなしにしてきた家電たち。
考えてみると、毎日使ってる家電はひとつもなく、2日〜3日に1度の頻度で使うものが2つ。
あとはそれほど使っていません。

リビングからキッチンが見えるのですが、
今回壊れたワゴンがとても目を引いていたこともあり重量のあるレンジ以外の家電はすべて扉付きの棚に収納してみることにしました。

キープしてしまうためのポイントは3つ。

◎扉は観音開き
開口部が大きいと楽。

◎軽い力で開けられる
硬い扉はプチストレス。

◎使うまでに時間がかからない
収納のすぐ上に使うスペースがあると楽。



しまうとなると、家電についた汚れが気になり
一拭きしてから戻しています。
以前より家電の状態を見るようになりました。

家電が出ていない、すっきりした眺めは片づけた達成感があります。
これも、キープできている理由の1つでもあります。


2016年11月2日水曜日

奥田明子さんの自宅セミナーに参加しました

こんにちは。
整理収納アドバイザーふじなごです。

先日、奥田明子さんの自宅セミナーへ行ってきました。

自宅セミナーのいいところは、実際に収納を見ながらご本人に直接聞けることです。
どういう理由でそこに収納してあるのか、また収納の工夫をみることができます。

奥田さんのお宅では、私にとっては意外なものを意外な場所に収納されていて新鮮でした。
我が家には固定観念で決めた収納場所がまだまだ、たくさんありそうです。
気づきをたくさん頂けた1日でした。

家が片づかない、でも誰かに頼むのは悩む。。という方は一度自宅セミナーに参加してみてはいかがでしょうか。
参加者同士も繋がれて、片づけのモチベーションがあがりますよ。

鉢植えカバーをご自分で作られたり、壁を塗り替えたり
上手にカスタマイズして暮らしを楽しんでいる
奥田明子さんのブログはこちらから。

片づけからはじめる暮らしづくり

2016年10月10日月曜日

管理しやすい冷蔵庫上段(モニター編)

こんにちは。
新米整理収納アドバイザーふじなごです。
先日再び友人Mちゃん宅へモニター作業に行ってきました。
本日は時間の都合で、冷蔵庫上段のみの整理収納です。

Mちゃんのお悩みは

◎賞味期限が切れたまま、いつまでも冷蔵庫に入っている
◎スポーツジムに持参するペットボトルを出しやすくしたい

でした。


一旦、冷蔵庫のモノをぜーんぶ出してみて
まずは賞味期限が切れているモノ仕分けします。



お!2013年もの発見!



年末の大掃除ごとに冷蔵庫もやっているそうなのですが
なぜそんなに古いモノがあるのか?
そこに根本的な理由がありました。

◎賞味期限が切れていても、もったいなくて捨てられない。
◎賞味期限の認識が違う。


賞味期限とは未開封の状態でメーカーが推奨する期限です。

賞味期限は期限が過ぎたら、すぐに食べられなくなるわけではないため
自分で処分の目安を決めておく必要があります。
ふじなごも線引きが曖昧だなぁと気づきがありました。

モノや保管状態にもよりますが、
冷蔵庫保存で1ヶ月を目安に使い切るのが一般的です。

Mちゃんの場合はお腹に自信があるということで
3ヶ月以内に使い切るというルールにしていました。



調味料類は開封した際に処分時期を書き、時期がきたら悩まず処分します。

どうしても使い切れないモノは小さいサイズに切り替えるなど
買い物の方法を変えていけばいいですね。

今までバラバラだったドレッシングや調味料も
ひとまとめにすることで、同じものをうっかり買うこともありません。

ジムに持参するペットボトルは、買い物・ジムに通う頻度から
6本あれば十分なため、ちょうど6本分収まるカゴで管理します。


Before




After


「朝食用にまとめたら使いやすいかな」
Mちゃんからグルーピングの案も出てきました!
グルーピングとは、一緒に使うものをまとめておくことです。

納豆は、冷蔵庫にしまう際にビニールから出すことで
使う時のアクションをひとつ減らします。


欠かさない食品の分だけ、計4つのボックスを導入しました。

買い出し含めて3.5時間。
ダイソーの積み重ねボックス4点で計432円でした。

ルールを徹底して、大掃除のいらない冷蔵庫にしましょう!




2016年9月15日木曜日

SIMPLUS 森山尚美さんのおうちセミナー





先日、SIMPLUS森山尚美さんが主催されている「おうちセミナー」に参加してきました!

お宅に足を一歩踏み入れると木のやさしい香りが

吹き抜けになっているリビングは、開放感たっぷり!

お子さんが二人いるにもかかわらず、キレイに片づいて居心地のよい空間でした。



セミナーの目的は「整理収納に興味を持ってもらう」こと。

一方通行ではなく、参加した方の話を聞きながら進めるため少人数制です。

当日は私を含め3名が参加していました。

前半は「整理収納とは?」をテーマに楽しくおしゃべりしながら学び

後半は森山さんの収納術を見て回ります。

生活動線を考えた収納位置、取り出しやすく戻しやすい仕組み。

いろいろと取り入れたいテクニックが盛りだくさんです。



(掲載許可をいただいております)


なかでもいちばんの気づきは、

森山さんは常に主語をハッキリさせていること。

自分が心に余裕を持てるよう、片づいた環境にしたい」

お子さんが片づけやすい方法とは?」

だんなさまが自由に使えるエリアにしよう」



単に使い勝手のよさを考えるだけでなく

誰のための片づけなのかをハッキリさせることで

どこにどうしまうべきなのかが、自ずと見えてくるのだと思いました。

そして、自分のお気に入りに囲まれた暮らしをしていることが

どれだけその方を豊かにさせるのか、目の当たりにできたのも今回の大きな収穫。



初心者の方も、参加しやすいセミナーです。

興味のある方、迷っている方は、ぜひ!


大橋わかさん主催のおうちデトックスに参加!


新たな一歩を踏み出すことになりました。



ご縁があって整理収納界のトップランナーのひとりである大橋わかさん主催の

【おうちデトックス】で経験をつめるチャンスを頂きました。



先日はアシスタント研修生として初めてのお客さま宅のお片づけ作業。

まだまだついていくのが精一杯という感じでしたが、第一線で活躍されている方の

現場は気づきがいっぱいでとっても勉強になりました。

学んだことをひとつずつ吸収して、これからどんどん成長していきたいです!



2016年8月5日金曜日

苦手なことは方法を変えてみる

こんにちは。
新米整理収納アドバイザーふじなごです。
先日、主人に
「ウチの中で便利に感じる場所ってどこ?」と聞いてみました。

しばし考える主人。
「お風呂と洗面所!」

お風呂と洗面所に置いたハンドタオルをきっかけに
ふじなごも主人も掃除の習慣がついたんです。
あまりにも自然なことになり、そんなことも忘れていたけど!

ふじなごも主人も揃ってズボラ。
これは今も変わりません。
でも気づいたのは、掃除が苦手だったわけではなく
掃除する方法が合っていなかったのだということ。

お風呂掃除やだな〜。めんどいな〜。
試しにシャンプーボトルや、洗顔料など
お風呂に置くのをやめてみました。
使うときだけお風呂に持ち込み、
使ったらまた拭いて。

ふじなご、ふきふき。
主人も、ふきふき。

ボトル類に関してはこの拭き掃除だけで済むようになりました。
お風呂を出てすぐのラックを定位置にし、
ハンドタオルをセットにしたことで
主人も「わざわざ」ではなく「ついで」な感じで
気軽にやってくれるようになりました。


ドアのサンもついでにふきふき。

更にお風呂の後は水で流し、IKEAのスキジーで壁や床の水滴をとります。
これが以外と楽しい。水で流してスキジー、ボトルを拭く。
たった1、2分のことで汚れ具合が変わってきます。
最近では主人みずからスキジーの隣に掃除用スポンジを置き
自分がお風呂に入るついでに今日はこの面、と決めて
少しづつ掃除してくれるようになりました!



ボディタオルのかわりに手で洗う。
石けんは壁につけられるタイプに切り替え。
それでタオル掛けや石けん置きも必要なくなりました。
モノがないぶん、掃除がしやすくなったこともあるかもしれません。
排水溝の目皿扱いやすいものに変えました。




同様に洗面所も使ったらふきふき。

苦手と思っていたことも方法を変えたらうまくいく。
勝手に苦手というレッテルをはっているのは自分なんですね。



2016年8月1日月曜日

探しモノなし、楽チンクローゼット(無料モニター)AFTER編

こんにちは、ふじなごです。
引き続きMちゃん宅のクローゼットAFTER編です。

1週間に1度は使うもの、1年以内に使うもの、
さらに「好き」、「嫌い」で分けてみました。
それ以外の一年以上使わないモノは一旦、別の場所へ移動。

結果、ほとんど「好き」。
「嫌い」で持っているものはほとんどありませんでした!
これってステキなことですよね。

「嫌い」とした服は、たまに仕事で着る機会がありそうなジャケットやコート。
他に変わるものがなかったため、今回は残しておくことに。
さらに1年以内に着た服を見直し、最終的に全て取っておくことにしました。


ここまで、順調に分けていくMちゃん。
手が止まったのは、別の場所に移動した1年以上着ていない服。
迷うアイテムは

◎高かった服
◎好きだけど着れなくなった服

のようでした。
明らかに着ないとわかっているけど、捨てるのはもったいない。
捨てるのではなく、必要な誰かの元に行けるよう
ブランド服のリサイクルに出すことにしました。

必要な服が決まったところで、いよいよ収納作業。
普段の生活についてヒアリングをした際に、「服をたたむのが好き」と言っていたので
たたんでもシワが気にならない服は全てたたみ、引き出しへ収納することに。

ウォークインクローゼットはだいぶ余裕ができました。


上の段にはカラーボックスを購入し、上まで無駄なく使うことにしました。
あちこちに点在していたストールやサングラス、毛玉とりなどこの棚に集結!
カラーボックスの下の段には使用頻度の高いもの、上の段にいくほど
頻度の低いものにしています。


趣味のゴルフウェア。
以前はウェア、帽子、カバンとそれぞれアイテム別に収納していました。
急いでいる時に限って出てこない。
そんなことのないようにゴルフ関連として全部ひとまとめにしました。

さらにラベリングして、一目瞭然に。


アウターのクローゼットはタオル、ストールなど
散らばっていたものをそれぞれの場所に収納、
中身が見づらくて機能していなかった布製ホルダーは撤去しました。
下段のMちゃんのカバンもゴルフ用はゴルフ関連の引き出し、
その他は他のカバンの棚など、あるべき場所へ。


帽子入れに使っていたカゴも、ゴルフウェア関連、ジムウェア関連でまとめたため
必要なくなりました。

カバンの棚には、持っていた無印の書類ボックスを使いました。
一つだけ大きいカバンは、100均ショップで購入した突っ張り棒とフックで
かけて収納することにしました。(見づらくてすみません。)


今回の作業時間、約7時間(収納グッズ買い出し時間除く)。
Mちゃん、本当にお疲れさま&ありがとうございました。

購入したグッズ
◎カラーボックス(ホームセンター)1190円
◎突っ張り棒、フック(100均) 200円

その後、ちょうどダンナさんも帰ってきたのでビールで乾杯!
ビール片手にスッキリした部屋を眺めて嬉しそうなMちゃんを見ていたら
こっちまで嬉しくなりました。

「朝の準備が時短できた!」「すぐ戻せた!」
「気持ちがすっきりした」など嬉しい報告もいただきました。
そして課題もたくさん見つかりました。
ひとつひとつ、考えて前進していきたいと思います。


追記:シーズンオフの服は実家に毎回預けているそうで、今回整理したのは夏服だけ。
全体量を把握するためにも、一箇所管理をオススメしました。

探し物なし、楽チンクローゼット作り(無料モニター)BEFORE編

こんにちは、ふじなごです。
先週末、無料モニターになってくれるという友人Mちゃんのお宅へお片づけに行ってきました。
肉親以外のお宅を片づけるのは初めてです。

片づけに悩んでいたMちゃん。
ちょうど整理収納アドバイザーに頼んでみたくて探していたとのこと!
ありがたい話が舞い込みました。
何度も「アドバイザーになったなんて信じられない」「全然片づけに興味なかったよね!?」「まさか、ふじなごに片づけ教わるなんて」と終始半笑い。
ですよね。自分でもビックリしてます。。。

Mちゃんは都内マンションでダンナさんと二人暮らし。
おふたりともジムに通ったりゴルフしたりと、かなりアクティブです。
そのため、通勤で着る服のほかウェアなどでかなりパンパンな状態。。。

左側がMちゃんの衣類。右下は共有のもの。ダンナさんの服は今回対象外です。
量が多くて取り出しにくそうです。


左側上段のMちゃんの衣類。クリーニングの袋のままのモノもちらほら。
高い位置にあって取り出しにくいため、シーズンオフの服をまとめていました。


下段は一番使いやすい高さ。
よく使う今シーズンの服をズラッと並べています。


クローゼットはここだけではありません。
冬物・丈の長いアウター用のクローゼット。


まだまだある!
引き出しにはインナー類、ニット、パンツ、ジムやゴルフウェアが所狭しと入ってます。


そして一番気になってしまったカバン類。
カバンたちの苦しそうな声が。。。


クローゼットに入りきらない帽子類はまとめてボックスに入れ
寝室に置いていました。


Mちゃんの希望は
「あちこちに散らばったものを探さなくてすむようにしたい」
「しまうのが簡単で、キープできるようにしたい」でした。

まずは着てる服、着ていない服の整理からだ!ということで。


続きはAFTER編でお楽しみください。


2016年7月23日土曜日

帰宅後のカバンの定位置

こんにちは、ふじなごです。
ウチは玄関を入ったらリビング。リビングを通り抜けて衣類を収めたクローゼットにたどり着きます。リビングにはモノが置きやすい高さのダイニングテーブル、ソファなどがあり、ついついその辺におくのが習慣になってしまってました。。。
整理収納アドバイザーになったのに。。。汗。

カバンとカバンの中身の定位置を決めよう!
次の日の準備ができるようスペースも取ろう!
ということで、こんな風になりました。



無印の収納ケース上に余っていた板を敷き、ここでカバンから出したりするスペースに。
右横の箱はカバンの中身の定位置にしました。


このスペースのおかげで、ゆとりを持って準備ができるようになりました。次の日忘れちゃいけないモノを置いたり、自然と前日に準備する習慣もついてきました!


仕切りのカゴの色に統一感がないのが気になりますが、とりあえずこの形で試してみて良さそうだったら整えていこうと思います。収納されているものはこういった感じです。


最初は家にあるもので試し、この方法いいな!と思ってからお金をかけるようにしています。やってみて、もっといい方法があるかもしれないですし、本当に必要と思ってから購入するのがいいと思います。

ちなみに、後ろにみえる白黒のモノは、以前手がけたお店のシンボルマークです。お店が閉店となり(涙)頂いてきました。気に入ってるけど部屋に飾るのは家族が同意しなかったので(更に涙)唯一、私だけのプライベート空間のクローゼットに飾ることにしました。こんまりさんのオススメの技です。クローゼットを開けるたび、私だけの空間って感じがしていいですよ〜。もっと飾っていこうと思います。